車査定




カーセンサー
現在、最も高価買取りしているのはコチラ!

中古車の買取情報や車の売却ならカーセンサーで!

1番高い査定価格を出して買い取ってもらおう!
五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、
郵便番号やお住まいの地域で探すことができます。
簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ
(ミニバン、セダン、トラック)などをご入力の上
依頼を一括でお申し込みもできる!
業界NO1高価査定実績!全国どこでも即対応!

事故車・外車・トラック・バスも絶対に高価買取り!

簡単査定ガイドの一括査定!

45秒簡単入力!
今や、自宅に居ながら何でも出来てしまうこの時代。
車の見積もりも自宅で依頼出来るようになりました。
「忙しくて車買取ショップに行く時間なんて無い!」
というアナタでも安心。たった 「45秒」で
あなたのお車の買い取り査定が一括で依頼出来ます。
概算価格も入力してスグにわかる!
もちろん、インターネットなので24時間いつでもOK。

ズバット車買取比較

査定のプロが高額査!
『下取り』よりも『買取り』のほうが
平均で16万円も高く売れた!
利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した
車買取一括査定を、ぜひご利用ください。
項目に入力していただくだけで、あなたの愛車を
高く買い取る会社がすぐに見つかります。

車査定の手順

車査定を申し込む前に車買取の契約時に必要な書類を確認してから、当サイトの無料車査定を申し込みましょう。
申し込み前には“一番高く車を買取ってもらう方法”を確認することをオススメします。
車査定の申し込みが終わると即、車買取業者からの連絡があります。
ご都合の良い日時に指定の場所を伝えてアポをとります。
 
当日は査定士から、車査定についての詳細な説明があります。
この際、愛車のアピールポイントや売却希望時期などのご要望をお話しください。
その後、迅速かつ丁寧にしっかりと中古車査定が行われます。

車査定チェックポイント

車査定士は、車種や年式、走行距離で基本査定額を出し、
そこから下記のポイントをチェックし、プラスマイナスして
愛車の現在の車査定額を算出します。

外装の査定ポイント ・ボディ全体の汚れ、キズ、ヘコミ
・ボディカラー
・エアロパーツ
・ナンバープレート
・前後左右のガラス
・サンルーフ、ムーンルーフの動作確認
・ボンネットや天井の状態
・ヘッドライトやテールランプ
・ラジオ、テレビ等のアンテナ類
・ドア、ウインドウの動作確認
内装の査定ポイント ・ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートの状態
・オーディオ類とスピーカー
・カーナビ
・ハンドルやメーター類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態
・スペアのタイヤ
・付属の装備品
足回り・下回りの
査定ポイント
・タイヤやホイールの状態
・車高(サスやショックなど)
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの漏れ、にじみ
・各パーツのキズ、ヘコミ、錆など
エンジン回りの
査定ポイント
・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・修復歴の確認
・エンジンの状態
・改造パーツの有無
・車台番号
その他の査定ポイント ・メーカー、車種
・年式、グレード
・走行距離
・車検証・整備記録簿の内容
・取扱説明書などの書類
・車検の残期間
・鍵(スペアキー)やキーレスなどの有無
・純正部品の有無

 

車査定とは

車査定とは一般消費者の保護と自動車の流通秩序の維持を計ることを目的として、
経済産業省・国土交通省の指導のもとに「中古自動車査定制度」が実施されています。
下取や買取等の車を仕入れる際、盗難車や修復歴の判断のほか、
その車の適正な価値を判断する知識も査定士に必要です。
全国統一の査定の制度であり、時代の要請に応える査定士は、中古車上位時代に絶対必要な資格です。

中古車査定を行う方は、中古自動車査定士技能検定試験に合格し、
査定業務実施店(会員店)として登録されることが必要です。
自動車ユーザーのこんな疑問や不安をなくすために、
一般財団法人日本自動車査定協会が経済産業省と、
国土交通省の指導のもとに設立され、「中古自動車査定制度」を運用しています。
この制度は、消費者に安心を与えることを目的とし、
中古自動車の流通がスムーズに運ぶよう考えられています。
中古自動車査定士の資格は、中古自動車の取引価格が
使用状況や車体の状態など各種の要素や条件によって大きく変わるため、
適正な査定を行えるよう、
主に中古自動車販売店の販売員を研修・試験・認定する制度である。
中古自動車査定士の資格には、小型車査定士と大型車査定士の2種類がある。
小型車査定士:乗用車、商用車及び最大積載量4t未満の貨物車の査定を行うことができる。
大型車査定士:上記以外の大型貨物車、バス等の査定を行うことができる。
なお、運転免許証とは異なり、大型査定士資格で小型の査定を行うことはできず、
それぞれの車種に対応した種類の資格を取得する必要がある。

カーパーチェスでは上記に適合した査定士のいる車買取店のみの取り扱いとしています。